2021年11 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Typepad

ウェブページ

« きりたんぽ | メイン | 今日の昼飯 »

コメント

AKi

>なんか今日の話しは子供じみてるかな......
いえいえ、そんなことはありません。私も.....そんな奴じゃないかと疑っております。

masa

同感です。ENGINEと書いてLEONmodokiと読むそうです(^^;

kawa

Aki様
優しいお言葉頂戴いたしました。
私の場合、今日に限った話しでもありませんね。
ケツの青さは隠しようもないとすれば、人に迷惑を掛けない青さであればよいのですが、そうも行きません。悪しからず。
masa様
そう思いますよね。
全てがファッションで悪い訳でもないとすれば、このカチンと来るものの正体は何か?
又、今度相談に乗って下さい。

玉井一匡

今日、AKiさんにこのエントリーの話をうかがいました。
早速読んでみたら、共感するところがいろいろにあります。そしてギクリとするところも。
自転車の絵、たしかに描いている人がとても気持ちよく自転車に愛情を持って描いているんだろうなという気がして、それがきもちよく感じられます。
アルファロメオのカングーロっていう名はぼくは知りませんでしたが、横に立っているオヤジの上等そうなスーツとマフラーと、それと同じような意味で上等な笑顔を配したことが、その編集長の意図なのでしょうが、クルマそのものを愛していたら、こういう組み合わせはしないでしょう。
このオヤジはカングーロ(会ったこともないヒトをなれなれしく呼ぶようで気が引けますが)を愛しているのではなくて、カングーロを持っていること、あるいはカングーロを持っている自分を愛しているのではないでしょうか。

kawa

表紙の人物は44年前に、当時在籍していたベルトーネでこのカングーロをデザインし、今なおカーデザインの頂点にいるジウジアーロです。
事故でめちゃくちゃになったカングーロを手に入れて、トンデモナイお金と時間をかけて作り直させたのは日本人です。

masaさんがLEONmodokiと仰っています。
イタリアオヤジと車の関係については持ち主では無かったという例外的な部分があります。
けれど、マフラーを垂らしたイタリアオヤジと車という組み合わせはまさしくmasaさんの言う文脈に沿うものでしょう。
作った人間か、持っている人間かの違いはあっても、この表紙からはLEONmodokiと呼ぶにふさわしい編集長の意図が明白に現れています。
良く考えれば、卑しい所があると思います。

洋服と同じ様に反体制のポーズをまとう編集長に腹を立てた時、比べる何かが欲しかったのは事実ですが、読んだらどう感じるかについて何も考えていなかったのは軽卒でした。
直します。更に御気に召さない所があれば教えて下さい。

玉井一匡

無知ですみません・・・汗顔の至りです
車を愛しているより車をもっている自分を愛しているというのは大間違いですね
カングーロという車はジウジアーロがデザインしたというのも知らなかったし
たった一台しかつくられなかった車であるというのも知りませんでした
ブッシュのような、おそらく上等なカシミアのコートやマフラーも
ジウジアーロなら文句を言う筋合いはありません
でも、この写真のオヤジがいやな感じだと感じてしまう
ぼくにとってジウジアーロは、まずは初代パンダのひとなので
こんなオヤジだったのかって思っちゃう
日本でこんな車たちに乗るってのはストレスが溜まるばかりで
ちっともスポーツじゃあるめえ
コペンのほうがずっとスポーツだろうが・・・・と
ヒガミだね、これは

kawa

’車を愛しているより車をもっている自分を愛している’というのは一概にハズレだとは思いません。
デザインしたか所有したかの差はあっても、あの表紙には玉井さんの感じた何かが確実にあると思います。
オートバイに乗る人間の中にもいじったり、乗ったりするのが訳も無く好きという人と、バイクに乗っているカッコいい俺が好きという人間がいます。どちらも馬鹿であまりお金とは縁が無いので笑って許せる範囲ですが、車や高い時計は同じ馬鹿でも鼻持ちなりません。
もうひとつ、世界に一台しか無い車や超高性能車を本当に楽しめる環境が日本にあるかという話しです。
私も常々思っていました。
思いっきりぶん回してシフトを繰り返す事が出来るのはパンダやサンクです。高性能車とどちらがスポーティでしょうか。

そうかコペンが好きなんだ。コペンは速いことだけが楽しみとは考えない色々な楽しみかたを真面目に考えた傑作です。色々仕掛けがあって少し重いのと値段が高いのが残念ですが、お嬢様お二人も大きくなって今こそ玉井さんにお薦めかもしれません。峠を攻めるのが好きな人にはスズキのカプチーノがお薦めです。

UMAGURUMA

こんばんは。この自転車人の表紙、私も強く惹かれました。
デッサンが上手くても面白みの無い絵は多くて、味わいみたいなものはまた別の何かが
あるような気がしてます。いいですね!

kawa

もう何十年も自転車に対する特別な興味を無くしていました。でも綺麗ですよね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)