2021年11 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Typepad

ウェブページ

« ドイツ製パスタ | メイン | 武士道 »

コメント

川好きonna

はじめまして。玉井さんの”MyPlace”を訪問していて、こちらに参りました。なぜ「川好き」か?『川の地図辞典』の版元人間だからですが、その事とコメントはほとんど関係ありません。私も「東洋陶磁美術館」を昨年秋訪れて、リピーターになりそうで、東京三井文庫でもやるのね、とちらしを持って帰り、会社に貼っておりましたが、行けずじまいでした。青磁・白磁が好きで、中国のものより朝鮮白磁をひいきにしております。美しくて好きなものがなかったら、朝鮮語問題など永い間考え続けらなかったかと、思うほどです。 さて、今回コメントさせて頂くのは、エントリ^「武士道」に入って、文章にすっかり感動してしまったからです。kawaさんの事は何も存じません。でも、このように品格のある文章を「武士道」エントリーで幅広い視点からもお書きになれるのは、只者ではない、と思います。 私などは「国家の品格」も読まず、新渡戸もきちんと読まずに、「アハハ」とすませていたのを恥ずかしくなりました。「胸のすくような言葉」には注意して、という文章。じっくりと考え取り組み、このフレイズに含まれている意味を私も使わせて頂きたいと、思います。

kawa

あぁ、大変だ。ついにここまで、版元登場。
近所(地理的にではありません)のブログ仲間で、アースダイビングごっこなどをしていたのですが、地図マニアの’MADCONECTION’氏や、街歩きと写真の専門家’KAIWAI散歩’氏等々、多士済々の中で話は進み、玉井さんが『川の地図辞典』を持ち出して来て話は更に進む、本の売り手まで巻き込んで、どこまで行くのだか。
ただただ、これもインターネットの御代にこそと感心しています。
『川の地図辞典』に関するこの騒ぎ、身の回りで起きていることに暫く気が付きませんでした。
取り残されたまま、御本を拝見しておりません。
「東洋陶磁美術館」も憧れているだけで行った事がありません。
決まりの悪いことに、なってしまいました。申し訳ありません。

もともと、品格などと言い出す人がいると、眉につばを付けてちゃかすぐらいの事しか出来ない私が、つい戯言を並べてしまいました。
真顔なんかで物を言って、誰も突っ込んでくれないと、身の置き所に困ります。
’品格のある文章を幅広い視点からお書きになる’などとちゃかされて、折角のボケにやっと突っ込んでもらったのだとすれば本望です。有り難うございました。

中国の奴は台北の故宮博物館でかなりまとめて見る事ができました。朝鮮の奴はまだ不勉強で、色々教えてもらえれば幸いです。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)