2021年11 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Typepad

ウェブページ

« いたずら書き | メイン | ヤンキー »

コメント

いのうえ

SILK DEGREESで「急に大きな市場を獲得しちゃった」ボブ ですが、彼自身はブルースが根っこにある人間でありつづけた証明として、1997年にブルースのみのアルバム COME ON HOME を出してますよね。その前年に日本市場向けに作られたセルフカバーアルバムの FADE INTO LIGHT は本人あまり好きじゃなかったんじゃあないんでしょうか? COME ON HOME ではオレはホントはこうなんだよ~と不良中高年ボブが楽しんで歌い且つギターを弾いていて、小生としてはとても好きなんですが。河さんは?

kawa

COME ON HOMEですか、知りませんでした。聞いてみたいと思います。

fuRu

SILK DEGREESしか知らない僕にとっては
なーるほど、そうだったのか、というところ。
70年代のロックを概観しているような
不思議なエントリーですね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)