« 電動自転車¥49500 | メイン | LHM »

コメント

AKi

私もその映画「真珠の耳飾りの少女」を見に銀鈴快感に赴きたいと考えております。
これはひとえに「息が止まりそうになった」という河さんお記述に反応した結果であります。「惜しげもなく」ってのも併映なんでございましょうか。これも試してみたく思っております。

AKi

ご存知かも知れませんが、フェルメールについてこんなサイトがありました。
https://www.mystudios.com/vermeer/1/vermeer-st-praxedis.html

kawa

ご紹介頂いたHP、早速拝見しました。この上なく簡潔で内容の濃いサイトでした。くだらない話ばかり書き連ねるのが恥ずかしくなりました。内容に自信があれば全てのサイトにかくあって欲しいものです。
玉井さんとも話したのですが、映画って期待していくと大抵裏切られます。多分秋山さんのご期待には添えないでしょう。是非見て欲しいんですけどね。

iGa

確か昔、国立西洋美術館で「真珠の耳飾りの少女」を見たような記憶があったのでGoogleで調べたらフェルメールのファン・サイトに1984年に開催との情報があった。確か、その時、安野光雅が忙しなく会場をうろつき、所々で立ち止まりフェルメールを食い入るように見ていた記憶がある。
今度は映画「真珠の耳飾りの少女」を金"冷快感でじっくり見たいです。

kawa

投稿有り難うございます。
もう一本の惜しげもない裸も楽しみですが、シャーロットランプリングもいい出来だと思います。何を期待するか人によって違うんでしょうけど。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)